グループウェア

ビル

グループウェアの導入にあたって

グループウェアとは、オフィス内外での仕事の効率化を目的として、メッセージ交換や情報共有のために作られたソフトのことです。
グループウェアの基本的な機能としては、電子メール、スケジュール管理、電子掲示板などが挙げられます。
グループウェアは、近年、大企業だけでなく中小企業やその他のさまざまな組織に導入されており、市場にはさまざまな製品が流通しています。
製品の導入に当たっては事前に十分な情報収集を行うことで製品のポイントを把握し、シミュレーションを行うとよいでしょう。
そのポイントとしては①カスタマイズ性、②セキュリティー、③コストなどが考えられます。
①については自社で使用するのに最適なものにカスタマイズすることでより仕事の効率化を図ることができます。
②については非常に重要で自社管理のサーバー型を使用するのか、それともクラウド型をしようするのか、またセキュリティー強度などについても検討する必要があります。
③については、①と②との兼ね合いのもと検討していく必要があります。
以上について検討する前提としてまずはグループウェア導入の目的を明確にすることが重要です。

関連情報一覧

グループウェアを行う事で得られるメリット

グループウェアで連絡がスムーズに

グループウェアで情報を共有しながら作業

グループウェアの導入にあたって